スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | [編集] CM(-)

第1章「十六夜諮撫徽」 第2話「外来人の神の子 前編」

第2話「外来人の神の子」
☆腋巫女視点
私はいつも通り庭の掃除を終わらせ、縁側でのんびりとくつろいでいた。
そして今日も、何事もなく日が暮れた。
もうそろそろ寝ようかなと思っていると


コンコン・・・


また外来人だろう。最近、そう言う人がやたらと多い。
霊夢「まって、今開けるわ。」
そう言って、勝手の悪い戸を開く。やはりそこには、見慣れない人がいた。
霊夢「はぁ・・・。何の用?」
溜息を一つ吐き、質問をした。
同時にその人が只者ではない事に気づいた。


☆諮撫徽視点
ノックをすると、中から声が聞こえた。
???「まって、今開けるわ。」
そういうと、勝手の悪そうな戸が開かれる。
諮撫徽(うはw生の腋巫女ktkrww)
霊夢「はぁ・・・。何の用?」
溜息が聞こえてきたが、直後彼女は何かに気づいたような顔をした。
諮撫徽「すまない、道を尋ねたい。」


☆三人称
諮撫徽「すまない、道を尋ねたい。」
彼はそういった。
霊夢はそれに「へ?」と言う顔をした。
霊夢「道?道ってどこへ向かう道?」
諮撫徽「とりあえず、紅魔館への。」
何故とりあえずなのか、そして何故、紅魔館を知っているのか、霊夢にはわからなかった。
霊夢「あなた、外来人よね・・・?」
諮撫徽「外来人・・・?ああ、幻想郷の外から来た事の奴か。そうだよ。」
霊夢「なら、何故―――」諮撫徽「何故紅魔館を知っているのか・・・?だろ?」
言おうとした事をさえぎられ、続けられた。
諮撫徽「幻想郷は、現世にいるある一人の人の手によって作られた。それが東方。それとまったく同じなんだ。おそらく、君は博麗霊夢で、ここは博麗神社、だろ?」
霊夢「そ・・・その通りよ・・・。」(まったく、彼と言い、駿希と言い、何故幻想郷の事を良く知ってるのかしら・・・。)
(注:これは駿希が地上に立ってから5年後の話です。)
霊夢「幻想郷を良く知ってるのなら、紅魔館までの道ぐらい、わかるでしょ?」
諮撫徽「わるいな、幻想郷のマップと言うものがないんだ。早々簡単にいけるところじゃないと思うんだが、違うか?」
霊夢(こいつ、勘が鋭い・・・。)「違ってないわ。仕方ないわね。」


少女説明中・・・


霊夢「そうすると、紅魔館につくはずだわ。」
諮撫徽「そうか、ありがとう。じゃ。」
そういって、立ち去ろうとした。
すると霊夢は必然的にそれを止めた。
霊夢「ちょ、ちょっと待ちなさい!」
諮撫徽「ん?夜は妖怪が出るから危ないって言いたいのか・・・?」
霊夢「そ・・・そうよ。わかってるなら今日だけでもここにいなさい。」
諮撫徽「わるい、急ぎの用だ。俺は行かせて貰う。」
そういって、立ち去ろうとするが、霊夢は飛んでそれを遮った。
諮撫徽「どいてくれない・・・か?」
そう言うと、周りにかなり濃い“何か”が溢れ始めた。
霊夢「え・・・?何?この力・・・。」
諮撫徽「もう一度、言う。どいて・・・くれないか・・・?」
その“何か”はさらに濃く、広範囲に広がる。


バキッ メキメキメキ… ドスン


勝手に木が折れ、倒れた。
霊夢は流石にビビったらしく、そこをどいた。
諮撫徽「サンクス。」
瞬間的にその“何か”は消えた。
そして諮撫徽はそこを立ち去った。
霊夢「何だったのかしら・・・。」
倒れた木は、根元から圧し折れていた。
かなり幹の太い木なのだが、いとも簡単に、倒れていった。
長寿の木だが、まだまだ生きれるほど葉が生茂っていたのに、なぜか倒れた。
霊夢はその日、その事にずっと悩まされたという。

――――――――
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

瑠璃恋詩

Author:瑠璃恋詩
P.S.D.D.Project for Diary へようこそ!!!!
ここは主にステマニ/TJ館にて配布している譜面や、二次創作小説の更新状況及び投稿、オンラインゲームの自分に関する情報などを書きこんでいくブログとなっています。
場合によっては日記を書くかもしれませんが、見るもよしですし、それは人それぞれかと。
基本的に日記はmixiの方に書き込んで行きます。(プライベート的なものもある為。

当ブログをリンクの際は以下のバナーをご利用ください。
直リン厳禁

プロフ画像制作者:kou89さん thanks!

古明地こいし
癒しのこいし
癒されてしまえw
jubeat
瑠璃恋詩のjubetプレイデータ
kint
SM&TJ掲示板
pixiv
瑠璃恋詩の新着絵最新30件


C76東方画像集


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。